高圧ガス輸送車等防災訓練




目的

高圧ガス輸送車の移動中における事故を想定して訓練を実施することにより、地域住民への二次災害の発生及び拡大を防止する処置を習得し、警察及び消防機関並びに防災事業所の協力体制を確立するとともに、関係事業所の防災意識の高揚及び地域住民への啓発を図ることを目的とする。

概要

「アンモニア漏えい時の処置訓練」

 地震発生により、冷凍・冷蔵倉庫事業所の機械室に設置されているアンモニア等を冷媒とした冷凍設備のうち、毒性ガスであるアンモニア冷凍設備の配管のフランジがゆるんだためアンモニアが漏えいし、さらに、アンモニアボンベも転倒してガスが漏えいした。このため、機械室内で点検作業者がガスを吸引し被災した。


このような事故想定のもとで、事業所の通報、初期防災活動、消防機関、警察並びに県保安課、発災事業所の防災係員の防災活動を訓練する。



平成26年度


1 実施日時

平成26年11月7日(木) 

2 実施場所

市川市

3 主催

4 訓練項目
 
(1)アンモニアガス漏えい時の処置訓練